moimoi vacation

六畳間から見渡す世界。音楽・旅行・お酒などを中心に、アンテナに引っ掛かったものを取り上げていきます。

Takamuraの今週聴いた音楽レビュー(METAFIVE - Don't Move, TOWA TEI - LUV PANDEMIC, 米津玄師 - ピースサイン)

やっと一週間終わりましたね、こんばんはTakamuraです。

 

ブログ書き始めて5日経過しました。三日坊主ではなかったところを鑑みるに、それなりに適正はあるのかもしれません。引き続き色々と考えながら書いていきましょう。

 

今回のネタは音楽です。ギターを弾いたりDTMをかじったりしているので、音楽に対するアンテナは程々高く広げるようにしています。ストリーミングやCDレンタル、はたまたYoutubeなど、音楽を安くたくさんインプットできる…いい時代ですね。この一週間で、新旧関わらず引っ掛かった音楽を幾つかピックアップしてみようと思います。

Youtubeのオフィシャル動画を引用しています。

 

METAFIVE - Don't Move

www.youtube.com

まずはMETAFIVE。いきなり2年前の曲にはなりますが、今更しっかり聴きました。

メンバーとしては、高橋幸宏(EX. Yellow Magic Orchestra)、小山田圭吾(EX. Cornelius)、砂原良徳(元電気グルーヴ)、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井と鬼のようなメンツです。ゴンドウトモヒコ氏とLEO今井氏については存じ上げなかったのですが、ゴンドウ氏はNHK教育でIron Maidenのカバーをしていて衝撃だった「ムジカ・ピッコリーノ」のディレクター、LEO今井氏は色んな方々と共演を重ねる新進気鋭のお方のようで、要は全員ド変態(勿論いい意味で)のスーパーグループです。なんで今まで聴いてこなかったんだ・・・

圧倒的実力を持ち合わせたテクノおじさんたちが織りなす音は、至極真っ当なポップスでした。誰もついていけない前衛的なものかと思いきや、意外や意外。

小山田氏のカッティングは冴え渡ってるし、高橋氏のドラムも相変わらず正確。砂原氏のベースは良いグルーヴ産み、ゴンドウ氏のトランペットもエフェクター噛ましていい残響感。そして時たま入るTOWA TEI氏のキメにそれら全部を纏めてしまうLEO今井氏のフロントマンとしての力量。きれいに全部収まっている。全員ド変態なはずなのに、なぜいびつさがない。素晴らしい。

 

TOWA TEI - LUV PANDEMIC

www.youtube.com

お次はTOWA TEI氏ソロ。といってもメンツはほぼMETAFIVE(ゴンドウ氏・砂原氏がおらず、代わりに細野晴臣氏が加わってる)。名前は聞いたことあるものの此方もよく知らなかったので、METAFIVEと同時にしっかり聴いてみると、これがハマるハマる。なんなんだもう!最高だ!!

これもテクノなのですが、今流行のただ厚みがあるだけのEDM(悪気はありません)とは一味違います。音1つ1つが、それぞれの音の上に上手に乗っかり暴れていると言うか、その音選びセンスが圧倒的に素晴らしい。自分で作っててもこんなに多種の音を嫌味なく重ねられないよ・・・

今週はほぼMETAFIVEしか聴いてませんでした、と言っても過言ではない。

 

米津玄師 - ピースサイン

www.youtube.com

最近すごい勢いで知名度を上げている米津玄師。説明不要でしょう。今月頭にも新しい曲を出していたんですね。まさに今コレを聴きながらこの記事を書いています。

非常に分かりやすい歌詞にメロディ、音の使い方・纏め方でさすがの一言。しかしながら、個人的には2つ前のシングル・LOSERや、特に1st Album「diorama」収録曲(vivi・ゴーゴー幽霊船)などポップながら非常に捻くれたメロディ・音使いをしている彼が好きなので、この曲はそれらとはちょっと違うのかなと思うところは正直あります。

viviのイントロのギターなんて、なんだこの不安定なメロディー、しかしながら心をめちゃ揺さぶってくる。ゴーゴー幽霊船なんて、ドラム叩けんだろこんなの、そして絡み合う謎音程ギター、それらが非常にポップ、そしてかっこいい。

トリッキーで堂々とインディーズ然していた彼がメジャーのタイアップ曲を作るとこうなるよ、という見本になった曲が「ピースサイン」だと思います。個人的には、彼しか作れない(良い意味で)気持ちの悪い曲を、もっとたくさん聴いてみたいなと思いつつ、新曲をリピート再生しています。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

まとめ

こういう音楽レビューものは、書くのが非常に難しい。なぜなら、へっぽこDTMerとして、こういったメジャーな舞台で日々高レベルの楽曲をコンスタントにリリースしてきている彼らの作品を云々言う立場にないと思っているから。

しかしながら、自分の思ったことは少なからず言葉にしていきたい。こうして文章にして思考を明確化していくことで、他にはない「個性」が出てくるものだと信じて、自分の感覚を言語化するよう努めています。基本的に批判はしません、しかし思ったことはしっかりと書いていきたいと思います。

その他色々聴いていますが、書いていない=まだ感覚を言語化できていないということです。また自分の言葉で綴ることができるようになった頃に、また書いていこうと思います。

明日は朝早いぞ!早めに寝ましょ!それでは良い夜を!

広告を非表示にする