moimoi vacation

六畳間から見渡す世界。音楽・旅行・お酒などを中心に、アンテナに引っ掛かったものを取り上げていきます。

今週の音楽レビュー(Brian the Sun)

皆様いかがお過ごしでしょうか、Takamuraです。

久々にドンピシャで(・∀・)イイ!!と思ったギターロックがありましたので、備忘録がてら書き残しておきたいと思います。

 

Brian the Sun - 13月の夜明け

ヘビロテ真っ最中でございます。コード進行のせいか、ブリティッシュ・ロックのような印象(Arctic Monkeys辺り)。下動画では、「カート・コバーンに憧れた高校生時代に作った曲」と言っていて、ジャキジャキした陰鬱な雰囲気はまさにそれ。カートはアメリカ人だけど。高校生の時にここまでしっかりした芯がある曲作れる段階で、とんでもない才能だと思います。テレキャスターが欲しくなる&カッティングがしたくなる。


Brian the Sun 「13月の夜明け」 全体カメラver.

 

閃光ライオットの準グランプリになってるんですね。納得ですわ。

メジャーに上がってタイアップ等もして、力をモリモリつけているよう。しかしそれらのタイアップ曲は、真っ直ぐすぎてどうにも無個性な印象…

まだ知って間もないので現在についてはなんとも語りづらいですが、引き続き聴き続けようと思います。Amazon Prime会員なら収録アルバムまるごと聴けました。

www.amazon.co.jp

広告を非表示にする