moimoi vacation

六畳間から見渡す世界。音楽・旅行・お酒などを中心に、アンテナに引っ掛かったものを取り上げていきます。

動きまくるぞー!楽しく生きるぞー!

楽しい生き方をしていきたいよね、っておはなし。

 

これまでずっと「無難」

これまでずっと「無難」に過ごしてきました。幼稚園から大学まで公立、就職した会社は昔ながらの所謂いい会社。ずっと現金派で投資なんて怪しいものには手をつけず、ファッションも機能性だけの無難なものを選んできました。 つい最近までスマホも持たず、ボロボロのノートパソコンでネットを使っていました。

そうした無難なものを選ぶ事で、特段大きな失敗もなく安心した暮らしを得られるよう、どこか無意識なところで考えてきたんでしょう。現に普通の生活を営むことができており、世間一般的には幸せであると断言できる日々を送っています。

しかし、最近今更思うのです。「無難」であることって、相当つまんないんじゃないかって。

無難=大したことがない

無難というのは大きな失敗はないのと同時に、大きな成功もないということ。どうやってもアベレージ前後くらいのスコアで終わってしまうのは、一度きりの人生でどう考えても勿体ない。

なにか新しいものが認知・普及する時のフローって、「怪しい(黎明期)→新しい(成長期)→皆持ってる(普及期)→生きる上で欠かせない(完成期)」という感じだと思います。私はこの「皆持ってる」ものばかりが手元にある訳です。しかし、「皆持ってる」へのレベルアップの前に「怪しい」「新しい」というステップがある訳で、そのレベルから色んな物事に関わることができれば、間違いなく楽しいだろうなって。

例えば、電車だって最初は動く謎の鉄塊だっただろうし、インターネットも出てきた当初は世界を繋げる謎の連絡網くらいの捉えられ方だっただろうと思います。それが今や、それぞれ社会で欠かせないものとなっています。これらに早い段階で関わっていた人たちは、絶対楽しかっただろうと思います。最初から「こいつはつかえる!」と思ったかどうかは知りませんが、未知のツールが世界を変えていくのを当事者として関わっていくのは、言葉にできない快感だったことでしょう(不安も大きかったろうと推察しますが、、、)。

最近だとビットコインがこのステップを猛烈にかけあがってきていますよね。「仮想通貨」なんていかにも怪しい名称をつけられ1年前くらいまであまり話題に上らなかったのに、投資の対象として認知された今やフリーザさんの戦闘力くらいまで価値が暴騰しています。日本の法整備も追い付いてきてるので、近いうちに支払い時に「ビットコインで!」という日も近いんでしょう。

このビットコインも、「怪しい」「新しい」時に手を出していた人は、いまとても楽しく推移を眺めているのではないでしょうか。お金も舞い込んできますしね。普及した後に手を出していたんじゃ、そんな体験は得られないでしょう。私もそういう体験してみたい!!

だったらどう考え、動けばいいのだろう?

理解力をあげろ!動くんだー!

じゃあその「怪しい」「新しい」ものに敏感に反応するには、どうしたらいいのでしょうか。

今の自分の中での答えは、「自分の理解を越えているニュースを噛み砕く」「新しいものを探しに行く姿勢を持つ」「死なない程度のことなら、とりあえず手を出す」の3つだと思っています。というかこれ以上できないような。

「自分の理解を越えているから、防御のために手を出さない(出せない)」のであって、理解が追い付けばその踏ん切りがつくようになるんじゃないのかという論法です。

ただ、ニュースについては、マスメディアで取り上げられるようなものばかり見ていてはダメでしょう。既に普及期に入ったものばかりが流れてきますし、本当に「怪しい」「新しい」ものは自力で探しにいかなければなりません。もちろん普通のニュースも勉強にはなると思いますけどね。新しいものの探し方は追々考えます。

とりあえず手を出すってのはすぐできそうです。詐欺の類いには気を付けながら、色んなことに挑戦していけばいいんじゃないかと。これまでずーっとリスクを避けてきたわけですし、そろそろ動きまくってもいいですよね。

まとめ

とりとめもない感じになってしまいましたが、「自分は何でもできるんだよ!何でもしていいんだよ!」と許可を出したいなと思ってこの記事を書きました。

未知の面白いことは世の中にたくさんあるのに、これまで無難に過ごしてきたせいで色んな機会を無駄にしてきたかもしれないし、これからも無駄にしてしまうかもしれない。

だったら、これからは色んなところにアンテナを張って、どんどん手を出していこうじゃないか!ブログを始めたのも、よいきっかけにしていこうと思います。

もちろん失敗もあるでしょうが、死ぬ以外はかすり傷スタイルで、今後もやっていこうと思います。

それでは!